コーヒーと就寝の関係は?

コーヒー歓迎の方において
例え毎日も、コーヒーが飲めないやりくりは
強い大きな切歯扼腕になります。

こういうコーヒーは
「カフェイン」による不眠症が注目されていますが
取り敢えず、睡眠にはよくないという意見が多くみられます。

その反面、昼寝の前に飲むと
気持ちよく目覚められるとの見解もあります。

何故、こうした見解があるのか不思議ですが
本当は、カフェインは、飲んだ先ではなく
約半後に行ない始めることが関係しているからです。

昼寝は、短時間で切り上げることが大切ですが
昼寝の前に呑むため
カフェインがアラームの役目をするのです。

夏季の昼過ぎ、短時間の昼寝を取り入れるため
仕事の効率投稿にもつながります。
また、運転中に眠気を感じたときは
短時間の仮眠により、心身のリラックスもできます。

とはいえ、慢性睡眠欠落が貫くと
生活のローテーションそのものが広くひずみますので
夜の就寝時間を大切にする励みが大切です。

そのためには、睡眠にも影響を及ぼす
コーヒーの分量や、呑みクライアントの立て直しが必要になるかも!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です