腸内的バイ菌は遺伝するらしき、、!?善玉バイ菌といった悪玉バイ菌の釣合

幼い頃から便秘がちな私。2歳になる赤ん坊も便秘症。因みに彼は羨ましいほど快便だ。とある体調局で知ったのですが、便秘は遺伝と言っても過言ではないそうです!!赤ん坊にゴメンナサイ、、、。

というのも、小児が産道を経路産まれてくるときに、母体の腸一種バイキンも味わうそうで、悪玉バクテリアも善玉バクテリアの個数のプロポーションも母体の渡しになるそうです。ですから、赤ん坊は乳児の時から乳酸菌ビオフェルミンが欠かせません。毎朝のヨーグルトやレタスやバナナなどの食物繊維、食事はもちろん心がけてある。けれども私の便秘の場合はそんなものじゃ改善されないんですよね?。赤ん坊は乳児のうちから乳酸菌を摂るようにしていたためか、私はどの頑固な便秘ではありません。とにかく乳酸菌って凄まじいんですね!!

善玉バクテリアと悪玉バクテリアのプロポーション、お腹の良い速度のためには全く大切なんですね。最近ではいい腸一種バイキンをもつ人の便を、善玉バクテリアが少ないヒトに移植講じる“便移植”ってのもあるらしいです!!ビックリですね!便移植をしたヒトは長年の便秘の難儀も解消されてお腹の順調という臨床申し込みもあるそうです。楽しいですが、幾らか抵抗があります、、、。

最近はR1という乳酸菌ドリンクを毎日1本、ざっと2ヶ月続けてある。永続は力量なり。望ましい善玉バクテリアが私のお腹の中で育ってもらえることを祈って続けてみようと思います。痩せすぎでは免疫力も低下しがち。食生活を改善し健康美を手に入れたい。